紫芋まだまだ仕込み中です

秋からの季節ベーグルの「紫芋ベーグル」と「紫いもあん」は材料の在庫が無くなり次第の終了です。
大体毎年5月くらいまで販売していますが今年はもう少し早く終わる予感です。

芋類は保存が利くので昨年秋の収穫分を使用分だけ焼き芋にして使用します。
ただし、さつま芋や紫芋は寒さに弱いので温度が低い場所で保存すると腐ります。
食品全般に温度が低い方が長持ちするイメージですが芋は絶対ダメです。
この芋が寒くて腐る事を「しびる」といいます。
「しびる」は芋限定の言い方です。たぶん。
他の物が傷んでも「しびる」とは言わないようです。
これは土佐弁なのかな?
南国土佐といえど、この辺り山間部では車庫や倉庫などでは冬は越せません。なので芋を栽培される方は収穫後畑に穴を掘って埋めます。地熱で暖かいので冬を越せるのです。
埋めると掘るのがめんどうなので、うちは工房の中で段ボールに入れてぬくぬくと保存しています。

焼き芋はオーブンで作ります。

焼く前の洗った紫芋です



シートを被せて



オーブンで20~30分焼いて、
後は予熱でしばらくほっときます。


こんな感じ。このままでも美味しいですよ。


でも、私は
さつま芋の焼き芋が最高!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です